【がんばれゆっこ通信no.5】平成28年9月23日

「山口雪子さんを支える会」会員のみなさま
いつもご支援いただきまして、どうもありがとうございます。

1、第3回口頭弁論と支える会打ち合わせの報告  事務局長 重田雅敏 
 9月13日、岡山地裁で31名の傍聴人が見守る中、第3回口頭弁論が開かれ、すでに決まっている第4回の10月11日午後2時からに引き続き、第5回が11月29日10時から一日通して開かれることが決まりました。これからの二回の口頭弁論では、お互いの主張に対する争点整理と証人尋問が行われる見通しで、これによって順調に進めば、裁判の日程の面では、来年4月からの教壇復帰に希望が出てきました。
 傍聴終了後、支える会関係者15名は、タクシーで岡山県視覚障害者センターに移動し、今後の取り組みについての打ち合わせを持ちました。センター所長の川田 忠茂さんのご挨拶をいただいた後、水谷 賢弁護士から口頭弁論についての報告と裁判の見通しについての解説をしていただきました。その後、昼食をとりながらの自己紹介をはさんで、支える会の打ち合わせがあり、主に10月10日に岡山国際交流センターで開催する講演会の内容や準備について話し合われました。
 10月10日の講演会前半には大胡田 誠弁護士と竹内 昌彦さんの講演、後半にはシェアリングネイチャーのみなさんと山口 雪子さんのスライドやディスカッション、原田 義雄さんの応援の歌などを予定しています。
 講演会の準備としては、案内チラシの配布と参加呼びかけを中心に取り組み、すでにシェアリングネイチャーの会合、岡山弁護士会主催のシンポジウム、労働組合や市民団体、岡山視覚障害者友の会の集い、日本盲人会連合の中国ブロック会議、などへの案内が終了しています。また地元新聞のイベント情報欄への掲載もいくつか決定しています。今後、キルギスの全盲歌手グルムさんのコンサート会場での配布や、高校生や学生、教育や福祉関係者、人権や法律関係者の方にも呼びかけていく予定です。国際交流センターは二百名定員の会場ですので、岡山在住の支える会の皆さまには、ぜひお知り合いの方々に10月10日の講演会への参加を呼びかけていただければ幸いです。また、第2回の講演会を倉敷市内で予定しており、11月27日(日)の午後に、倉敷健康福祉プラザの約300名の会場を確保しました。
 現在の支える会会員数は230名、署名数は約9500筆です。 こちらも、引き続き呼びかけをお願いいたします。

2、次のような新聞やテレビの報道がありました。
9月15日・毎日新聞(朝刊)新聞社名と、記事の日付をつければ、転載OKです。
http://mainichi.jp/articles/20160914/ddm/013/100/019000c
(中略)

3、10月10日・11日のご案内
☆10月10日・11日ともに、多くのみな様のご参加をお待ちしております!どうぞよろしくお願い申し上げます!
1. 10月10日(月曜祝日): 講演会&ワークショップ
会場: 国際交流センター8階多目的室(岡山市北区奉還町2-2-1 TEL 086-256-2905)
*参加費無料、受付13:00?です、開演13:30までにお越しください。
*詳細に関しましては別添チラシをご参照ください。
2. 10月11日(火曜): 第4回口頭弁論&報告会
第4回口頭弁論(岡山地裁)14:00?14:30(終了予定)
*傍聴いただける方は、13:40岡山地裁1階ロビーにご参集ください。
報告会(岡山ゆうあいセンター会議室)14:45?16:15(終了予定)
*会場は岡山きらめきプラザ(NPO会館)2階となります。
*岡山地裁から徒歩5分程度です。閉廷後、皆で移動します。
*報告会前半(30分程度)は当日の裁判に関する報道向けの記者会見を行わせていただきますが、ご出席の方は会場内にて記者会見の様子を見守っていただければ幸甚に存じます。
*傍聴・報告会へお越しいただける方は、10月4日(火曜)までに事務局(yukiko-sasae@outlook.jp)までご連絡ください。
(ここまで)
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

「山口雪子さんを支える会」事務局一同
豊かな共生社会を子どもたちへ・・・ 山口雪子さんを支える会
事務局メールアドレス: yukiko-sasae@outlook.jp
ホームページ:http://yamaguti-yukiko-support.jimdo.com
フェイスブック:https://m.facebook.com/yukiko.sasae


「目次」にもどる

トップページにもどる